診療案内|柏崎市の歯医者・歯科|前川歯科医院

医療法人社団 前川歯科医院

MENU

診療案内

虫歯

虫歯は、放置すればするほど大がかりな治療が必要になってしまう病気です。最悪の場合、歯を抜くしかなくなってしまいます。少しでも異常を感じたら、早めに受診にいらしてください。

もっと見る

虫歯は歯の表面から、徐々にその中心に向かって進んでいきます。表面のエナメル質が虫歯にかかっただけでは、痛みはありません。この段階では歯が黒ずんだりすることもないので、気がつかれずに放置されてしまいがちです。

虫歯がエナメル質の内側にある象牙質まで進むと、ようやく痛みが出始めます。虫歯に侵された部分が黒く見え、冷たいものを口にすると鈍い痛みが走ることがあります。さらに重症化すると、本格的に歯が痛み出します。ここまでくると、歯の神経を抜くしかないことがほとんどです。

歯に栄養を運んでくれる神経を抜いてしまうと、歯はもろくなってしまいます。その段階でもまだ手をつけないと、いよいよ歯を抜くしかなくなります。歯に黒い部分を見つけたり、痛みを感じたりするようであれば、できるだけ早く歯科医院に足を運びましょう。

歯周病

歯周病には、痛みなどの目立った症状はありません。それにもかかわらず、放置すると抜歯が必要になることもあります。患者さまだけでは管理が難しい病気だからこそ、歯科医院でのメンテナンス・治療が必要です。

もっと見る

歯周病もまた、虫歯と同じように、口の中の汚れが原因となって発症します。始めは痛みもなく、静かに進行していきますが、重症化すると歯茎の腫れがひどくなり、歯がぐらついてきます。さらに進行すると、食べ物を噛むことができなくなるほど、ぐらつきがひどくなります。そうして最後には、歯が抜け落ちてしまうのです。

このように、歯周病の怖さは患者さま自身が病気にかかっているという自覚を持ちづらい点にあります。当院では定期的に歯茎の状態をチェックし、歯のクリーニングをすることで、病気の進行を抑制します。当院と一緒に、歯周病から大切な歯を守っていきましょう。

小児矯正

お子さまの矯正治療は、あごの成長を利用することで、抜歯のリスクを軽減できることが特徴です。また、成人矯正に比べると費用もリーズナブルです。

もっと見る

歯並びが悪いと、食べ物を噛み砕きにくくなる上、十分な歯磨きができず、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。そのため、お口の健康にとって、歯並びを整えることはとても重要です。もちろん、見た目のコンプレックスを解消できるという点もお子さまの健全な成長にとって大切でしょう。

ご自分のお子さまの歯並びが、矯正治療を必要としているのかどうか、わからないという親御さまも多いと思います。そのようなときは、一度ご相談にお越しください。十分にお口の中を診させていただいた上で、必要な治療をご提案いたします。

親知らず

生え方や位置にもよりますが、親知らずは「歯茎の腫れ」「歯並びの乱れ」「虫歯」「口臭」などの原因になることがあります。きちんと機能していれば抜く必要はありませんが、悪影響がありそうなら抜歯をおすすめします。

もっと見る

曲がって生えていたり、歯茎の中で横になっている親知らずは、隣の歯に悪影響を及ぼすことがあります。そういった変わった生え方をした親知らずは抜くのも簡単ではありませんが、当院の院長は口周りの外科処置を得意としています。難しい親知らずの抜歯もお任せください。

なお、歯を抜いた後は体が傷跡の修復をはかり、炎症が起こります。術後48時間をピークに炎症は収まりますが、抜歯後に頬が腫れる可能性があることをあらかじめご了承ください。

また、お薬を飲まれている方は事前におっしゃってください。お薬の種類によっては、循環器科などの医師との連携が必要になります。

ブラッシング指導

歯ブラシを変えたり、磨き方を工夫したりするだけで、歯磨きの効率はぐっと上がります。とはいえ、多くの方がそれとなく歯を磨いてしまっているのが実情ではないでしょうか。正しい歯の磨き方を覚えて、虫歯・歯周病をより効率的に予防しましょう。

もっと見る

まず、歯ブラシは毛先の長さが前歯2本分か、それ以下のものを選ぶと良いでしょう。硬さは「普通」か「やわらかめ」がおすすめです。歯ブラシはペンを持つように軽く握り、毛先を歯の表面に対して直角に当てます。

ブラシを小刻みに動かしながら、磨き残しがないように、先端の角度を変えていきます。このとき、歯茎も一緒にブラッシングするように意識してみてください。

歯ブラシが届きにくい歯と歯の間にたまった汚れは、歯間ブラシやデンタルフロスを使うときれいに磨けます。また、最低でも月に一度は歯ブラシを交換すると衛生的です。歯茎をマッサージしてくれる作用のある電動歯ブラシを使ってみるのも良いでしょう。

このように、歯の磨き方一つとっても、いくつものコツがあります。当院ではよりその方に合わせた指導を行っています。ぜひお気軽に相談にいらしてください。

顎関節症

「あごを動かすと痛い」「口を開くと音がする」このような症状に覚えのある方は、顎関節症の疑いがあります。放っておくと口が開かなくなってしまうこともあるので、早めに治療を受けましょう。

もっと見る

顎関節症の原因は、実にさまざまです。噛み合わせが悪かったり、以前受けた歯科治療のせいであご周りに異常が出たりすることもあります。また、ときにはストレスがもとになることもあるのです。たとえ、あごを痛めるようなことをしていなくても、症状は突然現れます。

特に、20代女性の方に顎関節症にかかる方が多くいらっしゃいます。あご周りに少しでも気になることがある方は、お気軽にご相談にお越しください。

差し歯

当院では奥歯の差し歯(被せ物)の治療に、保険適用の白い素材が使えます。銀歯の見た目が気になる方や、金属アレルギーの方は、ぜひご相談ください。

もっと見る

保険の対象となるのは「前から4番目と5番目の上下の歯」と「前から6番目の下の歯」です。ただし、後者に関しては、一部適用外になるケースもありますので、詳細は医院までお気軽にお問い合わせください。

また、金属アレルギーの方は、「奥から2番目の歯」にも、保険が利く白い素材を入れられます。来院される際は、アレルギーであることを証明する書類をお持ちになってください。

訪問歯科診療

当院は、お体が不自由なせいで通院が難しい方のために、訪問歯科診療を行っています。訪問対象は、医院から半径16km以内です。患者さまのご自宅はもちろん、入所されている施設にもお伺いします。

もっと見る

訪問先では、お口のクリーニングや入れ歯の調整などを行います。ご家族に病気やけがなどで通院が難しい方がいる方は、ぜひご相談ください。

インプラント

インプラントは、歯がなくなってしまったところに人工の歯を埋め込む治療法です。あごに直接固定するので安定性があり、まるで本物の歯のように使えます。入れ歯やブリッジに代わる第三の選択肢として、前向きにご検討ください。

もっと見る

見栄えが良いことも、インプラントの利点の一つです。一度埋め込んでしまえば、周囲の歯とほとんど見分けがつきません。とはいえ、自由診療になるので費用がかさみ、治療期間が長いといったデメリットも持ち合わせています。歯科医師とよく話し合い、利点・欠点をよく知った上で治療を受けるかどうかをお決めいただければと思います。